OREO in Seattle 国際結婚、アメリカのシアトルでの子育てや愛犬(ビションフリーゼ)との生活、フィアンセ(K-1)ビザ・グリーンカードについて、のんびりとお届けしています。 

この記事に含まれるタグ :
カルチャーショック  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ダメダメなアパートの管理オフィス

   ↑  2014/08/08 (Fri)  カテゴリー: シアトルでの日々
怒りを通り越してあきれる出来事があって、ぐちぐち日記です。
楽しい内容ではないので、愚痴なんて聞きたくない!という方は是非スルーしてください。
しかも、長いです(;´∀`)


先週末のこと。
部屋の乾燥機の設定を変えるノブが壊れて取れてしまったので、修理をお願いするため、アパート内にある管理オフィスへ行きました。
デスクにいたお姉さんにノブを渡すと、
「はいはい。じゃあメンテナンス担当に依頼しておくね。電話するから。」
と言われて部屋に戻ると、すぐに修理担当の人が部屋に来ました。
彼は、アメリカではJanitorと言われる、ちょっとしたメンテナンスとか掃除をする人。
あれ、電話来なかったなぁ。まぁすぐに対応してくれてよかった、と思っていると、
Janitor 「ノブを手荒に扱ったんでしょ?今度から気をつけて。」
とぶっきらぼうに言い、新しいノブを私に手渡す。
うわー感じ悪い・・・イヤホンしたままだし。
しかも、壊れたノブには小さい金属の部品が付いていた状態で渡したのに、新しいものにはない。これがないと、ノブが回せない…。
金属の部品が付いてないんですけど?と言うと、
Janitor 「は?何言ってんの?金属はついてなくて当たり前。意味が分からない。
     (深いため息をついて)一度実際に乾燥機の状態を見ないと何とも言えないな。」
と言う。
夫はパンツ一丁だし、部屋が散らかってる。それに、こんな感じ悪い人に、部屋に入ってきてほしくない…
私 「壊れたノブ見ました?絶対に金属ついてました。一緒にオフィスに行くので、確認してください。」
と言うと、あからさまに「こいつめんどくさー」という顔をして、無言で立ち去ってしまった。
(He gave me attitude!!!)
正直、久々にカッチーンときた(●`ε´●)!
ホスピタリティのホの字もない!!
彼の後を追って一緒にエレベーターに乗ろうとすると、彼は嫌な顔をして、どこかに行ってしまった。
え?ええぇ???何それ(´゚д゚`)?!
管理オフィスに行っても誰もいない。しばらく待ってもJanitorの彼も、誰も来ない。
諦めて部屋に戻ろうとすると、彼が階段で降りて来て、オフィスへ入っていく。
私には一言も話しかけない。
ムカつきながら私もオフィスに入ると、
オフィスのお姉さんが書いた修理依頼書をヒラヒラさせながら、しゃあしゃあとこんなことを言う。
Janitor 「説明がなってないんだよ。
     次回からは、ちゃんと何が原因で修理を依頼してんのかクリアーにしてよね。
     違う金属の部分のこと言ってるんだと思ったじゃないか。」
と、金属のついた新しいノブを手渡す。
私 「いやいや、その依頼書の説明文はオフィスのお姉さんが書いたやつだし…」
と言い出したら、あーはいはいと言葉を遮られ、Thank you! と言われ、半ば強制的に会話が終了。
私も彼と同じように、嫌味っぽくTHANK YOU!!! と言い、立ち去る。
部屋に戻るなり、ヒメ(夫)に説明しながら、怒り爆発!!
たかがノブ1つでなんでこんなに嫌な思いしなきゃいけないんだーヽ(`Д´)ノ


でも…
実は、ここの管理オフィスとのやり取りで嫌な思いをするのはこれが初めてではなく…
入居前にも、審査の結果とか契約の詳細について連絡が全然なく、こちらから連絡しても「担当は忙しい」の一点張りで全然返事なし。
当時住んでいたアパートを退居する直前まで、入居可能かの連絡すら取れず…
危うく住むところがなくて難民化しかけた、なんて苦い経験が入居前からあったので、あまりここのオフィスを信用していなかったんです。

そして、この修理の依頼をした日には、一緒にパーティールームの予約確認もしにオフィスに行きました。
かれこれ1ヶ月ほど前に、今月予定しているBBQパーティーのためにパーティールームの予約をしていたのです。
その時に対応してくれた感じの悪いオフィスのお姉さんAは、デポジットのこととか、詳細について電話すると言っていたのに、一向に電話がかかってこない。
BBQは2週間後。
嫌な予感・・・
この日オフィスにいたお姉さんBに、お姉さんAにお願いした予約の説明をし、確認してもらう。
お姉さんB 「うーん、予約されてないみたいですねー!
       他の女性スタッフに頼んだの?Aのことかな?あー、納得。
       大丈夫、大丈夫、この日はまだ誰も予約してないからヽ(*´∀`)ノ
       デポジットとアグリーメントにサインするまでは、予約にはならないんだよねー。」
は?!予約されてない(´゚д゚`)???
Aなら納得って?!ていうか、まずSorryじゃないんですか?
私すでにお友達に日時伝えてるんですけど、他の人も予約していたらどうするつもりだったの?!
あぁ、頭がクラクラする…
そして、アグリーメントが見当たらず、プリントアウトするにも元ファイルも見当たらないらしく、
お姉さんB 「あっれー?どこかな?ごめんなさいね、誰かが大事大事にどこかにしまっちゃったみたい。
       メールしてもいいんだけどー。」
という独り言を聞きながら待つこと5分。まだ見つからない。
そして、デポジットのチェック(小切手)持って戻ってきてもまだ見当たらないらしく、メールで送ってもらうことに。
後日、そのアグリーメントを持ってオフィスに行くと、初めて見るおじさんしかいない。
事情を説明してアグリーメントを渡すと、
おじさん 「ぼ・・・ぼくは臨時で働いてて、何も分からないんだよね。
      受け取ったことを担当にメモで伝えておくけど、
      アグリーメントのコピーを渡さないといけないから、また明日来て。」
また来なきゃいけないのかい…
メールでコピーを送ってもらえないのか聞いても、「ぼく何も分からない」を繰り返す。
そして、翌日。
コピーをもらいにオフィスへ行くと、お姉さんBがいた。
お姉さんB 「え?コピー?欲しいならあげてもいいけど?
       取りに来いって言われたの?
       あー彼は系列の別のアパートのオフィスで働いてて細かいこと知らないから、
       念のためそう言ったのかな」
行く必要なかった・・・(´・ω・`)


日本でも感じ悪い人とか、とんでもない対応する人いるけど、アメリカはそういう人の出現率が格段に高い気がします。プロ意識が低いというか…
自分の決められた仕事以外はやらない。
というか、自分の仕事すらきちんとできていないことが多々。
お客さん相手であっても、自分がしたミスでなければ謝らない。
お客さん相手でも、自分個人の感情や権利を主張する。
ルールなんてない。人によって言うことが違う・
テレビのケーブル会社や保険会社とのやり取り、スーパーででさえ、こんなことにストレスを感じる日々。
時々きちんと対応してくれる人に会うと、今日はなんてラッキーな日なんだ!なんて思ってしまう(笑)
日本のサービスが恋しいです。

私たちがきちんと収めている家賃がこの人たちのお給料になるのかと思うと、なんだか納得がいかない。
早くいい物件を見つけて引っ越そうと決めたのでした…


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

この記事に含まれるタグ : カルチャーショック 

FC2スレッドテーマ : 国際結婚 (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/blog-entry-198.html

2014/08/08 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
CATEGORY... この記事を含む前後の記事

Comment


きゃー!

OREOさんも「こんなアパートは嫌だ。」シリーズが書けちゃいますね!
(笑・・・って笑いごとではないですが。)

私のこんなアパートは嫌だシリーズでも散々愚痴ったように、
アメリカの賃貸業ってひどい気がしますよ〜。
今考えてみると、カリフォルニア時代のうちの管理人は
平日の昼間からアパートの敷地内でグビグビ酒飲んでたし、
絶対にマトモなひとではなかったと思う。

謝らないのは、たぶん訴訟社会だからではないかなーって
ちょっとは理解しようと努力したいけど、
アメリカのサービス業って日本人の私たちからしてみれば、
「えっ・・・?!」って思うことが多いですよね。
人によって言うことが違うのは、移民局もそうだったし、
どうなってるんじゃ、と思います。
アメリカのこういうところって本当に嫌よね!
遅かれ早かれ、いい物件が見つかるといいですね。

chica |  2014/08/12 (Tue)[ 編集 ] No.232


Re: きゃー!

chicaさん
そうなんです!
書きながら、chicaさんの「こんなアパートは嫌だ。」シリーズを思い出していました。あはは

か…管理人さん、昼間から飲んでちゃだめですね(゚д゚)!
chicaさん、前のアパートで色々あったけど、何も命にかかわることが起きたりせずに引っ越せてよかったですよね(汗)

確かに、訴訟国家だからっていうのはあるのかも。
アメリカ人はチップがないと何もしてくれないのか?!と思っちゃいます。
しかし、移民局なのに、みんな言うことが違うっていうのは、本当にどうかなと思います。
誰もミスをすること、ミスをしたことに何の抵抗も、shameもないですよね( ´Д`)=3
「こんなアメリカは嫌だ。」で、ひとつブログができてしまうんじゃないかなぁ(笑)

OREO |  2014/08/13 (Wed) No.233


ブログ拝見しました。

私も今アパートの管理が信じられなくてこんなものなのかとネットで調べていたところでした。
ほんとアメリカって適当でストレスを感じています。

cat |  2015/02/25 (Wed) No.243


Re: ブログ拝見しました。

catさま
コメントありがとうございます!
アメリカのアパートの管理、本当にひどいですよね。
その後、結局今の所にとどまることになったのですが、アパート探し中に行った他のアパートのリーシングオフィスの対応があまりにもひどくて心が折れましたヽ(;▽;)ノ
日本にいた頃は不満のあった日本のサービス、、実はとっても素晴らしいレベルの高さだったことに気付く毎日です。
catさんも大変な思いをされてるんですね。問題が早く解決されますように!

OREO |  2015/02/27 (Fri) No.244


こんにちは。
私もアメリカのアパートについて検索していたら当記事がヒット致しました。
私は今、アメリカで学生をしているのですが、つい先日にルームシェアのために新しい部屋を契約したいとアパートのオフィスに電話したら、もの凄い面倒そうな口調で「担当の人は帰った!」と言われました…まだオフィスが閉まるまで2時間もあったのに。
いつかけ直せば良いかとか、担当者の名前を教えてくれといっても留守電にメッセージを残せの一点張り。

これまで私は友人からのSubletでの賃貸だったり、老夫婦の住む持ち家の一部屋に下宿したりとアパートを直線契約したことはなかったのですけど
悪名高いアメリカのアパートの管理人(今日電話で出たのは代理でしょうが…)の話はよく聞いていたので「ああこれか…と」納得しましたが、本当に腹が立ちますね。
賃貸情報サイトの住居者レビュー欄は、結構アテになるのだと痛感しました。

Luni |  2015/06/04 (Thu) No.266


Re: タイトルなし

Luniさん
こんにちは!
コメントをくださり、ありがとうございます。
Luniさんもアメリカのアパート問題で苦労されているのですね(涙)
留守電にメッセージを残せの一点張り、、いらだたしいですね。私(と夫の)今までの経験だと、誰かに伝言や留守電を残しても、折り返しの電話がないこともしばしば(ーー;)
外国人だと確認書類が多かったりするのかな?面倒くさいと思って門前払いしようとしたんじゃないといいんですが。
以前引越しをしようと思って10件以上アパートの管理オフィスをまわりましたが、散々な目にあいました。
担当者が当日取ったアポイントのことを忘れて遅れてきたり(しかもオフィスの鍵が開きっぱなし)、
祝日明けのこと、内見したい物件の管理オフィスと連絡が取れなかったので本社にオフィスの営業日を確認&アポを取って行ってみたら、オフィスがその日を勝手に休みにしちゃってて誰も来なかった、、
などなど色々あって、結局今の所のとどまることになってしまいました。
そうそう、ちゃんとした人が書いているレビュー(単に、このアパートは最高だ!だけじゃないレビュー)は結構あてになりますね!
Luniさんがいい物件、管理オフィスの人で出会えますように。切に祈っております!!

OREO |  2015/06/06 (Sat) No.267

コメントを投稿する 記事: ダメダメなアパートの管理オフィス

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。