OREO in Seattle 国際結婚、アメリカのシアトルでの子育てや愛犬(ビションフリーゼ)との生活、フィアンセ(K-1)ビザ・グリーンカードについて、のんびりとお届けしています。 

この記事に含まれるタグ :
マタニティ  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【妊娠初期 8週目】病院とドクター選び

   ↑  2014/03/25 (Tue)  カテゴリー: 妊娠-初期
※過去に遡って書いているマタニティ編の記事は、後で記事の日付を当時の日付に直して順番を入れ替える予定です。

保険の問題が一段落して、次は病院&ドクター探しです。
設備の整った病院で産みたい、有名な先生に診てもらいたい、日本語の分かる先生だと安心だな、自宅で産みたい!などなど、こだわるポイントは人それぞれだと思います。
でも、やっぱり大事なのは、自分の保険(とプラン)が使えるかです。日本みたいにどこの病院に行っても保険証を出せばOKとはいかないのがアメリカ。病院、クリニックによって使える保険が違います。また、検査も自分の保険がちゃんとカバーする種類の検査なのか確認する必要もあったりして、本当にややこしいし面倒!!

さて、病院、ドクター探しですが、
アメリカですでにかかりつけのお医者さん(プライマリケア医)がいる場合は、新たに産婦人科医(英語だとOB/GYN;obstetrician/gynecologist)や助産師さん(Midwife)を探さなくても、プライマリケア医(PCP:Primary Care Provider)に診てもらうこともできるそうですね。
私の場合はPCPもいないので、まず保険会社のウェブサイトから産婦人科医を探しました。そして、ウェブページにあったドクターの情報(どの保険プランを受け付けているか、何年の経験があるのか、どこの大学に行ったのか、研修はどこでしたのか、性別、年齢など)を見比べ、決めました。この先生で、この病院だったらいいかな、とどちらも同時に決まった感じです。病院を先に選んでいる場合は、病院のウェブサイトからドクターを探すこともできます。

ちなみに、出産をする病院は選んだドクターの提携(?)しているSwedishという病院になりました。ここに決めたのは、まずは家に近い(産気づいたら病院が近いのはいいですよね)、大きな病院で設備が整っている、出産準備についてなど様々なクラスが受けられる、ヒメ(夫)のお母さんがヒメとヒメ姉を出産していた、からです。
ほとんど病院の比較はしなかったので他の病院との違いは分かりませんが、下記にシアトル近郊の病院について、また日本語で診察を受けるのに役立ちそうなウェブサイトをまとめておきます。病院によっては(Swedishもかな?)通訳の方を手配することもできるようです。

・Jungle City:出産場所(日本語)
・YOUMAGA:日本語OKのお医者さん(日本語)
 (↑情報古くないといいんだけど…)
・Nadeshiko Doula Service:産前・産後に役立つ情報(日本語)

病院とドクターが決まったので、アポイントを取るために選んだドクターKの所属する産婦人科クリニック(産むのは病院ですが、通うのはクリニックでした)へ電話。電話で最終月経がいつだったか、保険会社も聞かれたんだったかな?などを聞かれ、日程を確認し、アポ取りはさくっと完了。
アメリカでは姙娠していても8週目以降でないと診てくれないところが多いなんて聞きます。義母の友達は8週目より前に診てもらおうとしたら、しばらく待たされたと言っていました。でも、お友達はまだ6週目くらいで診てもらえてたので、病院やクリニックによるのかな?
まぁどっちにしろ、私は保険がなくて8週目より前に病院に行けなかったんですけどね…( ´_ゝ`)

最後に、8週目の体調について少し。
頭痛はするわ、6月頭から始まった胃のムカムカはどんどん悪化するわで、体調最悪の日々が続きました。気持ちが悪くて、とても食べ物を受け付けない。今までモリモリ食べていた玉ねぎやにんにく、セロリ、香草系などは匂いをかぐだけで吐き気が…。とても料理なんてできない状態。
そんななか食べられたものは、バナナとシリアル、そしてなぜかポテトチップスとかフライドポテト、チキンナゲットみたいなジャンクフードでした。バナナは食べ過ぎてすぐに飽きてしまい、りんご、オレンジ、マンゴーなどフルーツと、水が主食の毎日(さすがに毎日ジャンクフードは食べられないですからね)。
食欲がなさすぎて1日の食事が小皿1皿みたいな日々が続き、ちゃんと栄養を取らなきゃ!、とPrenatal Vitamins(妊婦用のビタミンサプリメント)と一緒付いてきたDHAのサプリメントを飲み始めました。すると、さらに吐き気が悪化…。フィッシュオイルのせいかな?と思い、DHAのサプリメントを飲むのを止めてみたら、少し気分が楽になりました。
ちょっときたない話ですが、この頃他に悩んでいたのがゲップ。ゲップが全然出なくて、気分が悪くなって吐いてしまうこともありました。ゲップ対策に炭酸水を飲み始めたら、これが結構効果ありでした。
この頃、はっと気付いたら、以前悩んでいた夜中に寝られなくなる位かゆかった蕁麻疹が出なくなっていました。姙娠したおかげかな?それとも、ストレス溜まりまくりだった仕事を辞めたからかな?

次回のマタニティ編の記事は、初診察についてです!


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

この記事に含まれるタグ : マタニティ 

FC2スレッドテーマ : 国際結婚 (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/blog-entry-155.html

2014/03/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
CATEGORY... この記事を含む前後の記事

Comment

コメントを投稿する 記事: 【妊娠初期 8週目】病院とドクター選び

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。