OREO in Seattle 国際結婚、アメリカのシアトルでの子育てや愛犬(ビションフリーゼ)との生活、フィアンセ(K-1)ビザ・グリーンカードについて、のんびりとお届けしています。 

この記事に含まれるタグ :
マタニティ  出産  帝王切開  子育て  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【妊娠後期 38週目】帝王切開で出産

   ↑  2014/02/19 (Wed)  カテゴリー: 妊娠-後期
※マタニティ編の記事は、後で記事の日付を当時の日付に直して順番を入れ替える予定です。

先月、帝王切開(Caesarean section;C-section)で無事に女の子を出産しました!!
生まれたてほやほやです!
体重は、約6lb(約2.7kg)でした。8lb(約3.6kg)超えがざらのアメリカでは比較的小さい方。義理の姉なんて10lb(約4.5kg)だったとか…そんなビッグベイビー産むのがこわいです(´゚д゚`)

出産は、麻酔を使わずに自然分娩!陣痛乗り切るぞー!と決意し、義理の姉が勧めてくれたNatural Birthについての本も一生懸命読んでいました。(さぼってて予定日までに全部読み切れなかったけど…)
ところが、まず赤ちゃんが逆子ということが分かり、Version(外回転術)でドクターにお腹の外から逆子を直してもらおうと病院に行ったら…羊水が少な過ぎて断念。
さらに、羊水の量が少なくて心配だから、とそのまま入院になってしまいました。
(Versionについてはまた別に記事を書きます!)
「再度Ultrasound(エコー検査)をして羊水が増えれば退院、増えなければ即日帝王切開です。」
とドクターに言われてしまい、動揺してちょっとウルウル…
3日後のエコー検査で羊水は微増したものの、Versionはもとより、まだ安心できる数値ではないということで入院期間が延長されてしまいました。

再々度のエコー検査の日。
6:30、看護婦さんが来て、「帝王切開になったら手術の8時間前から飲食禁止なので、念のため今のうちに食べたいもの食べておいてね!」と言われ、朝食を食べる。
8:00、Ultrasoundの部屋へストレッチャーで移動(入院中はベッドとトイレ以外へ出歩くの禁止)。
退院するためには羊水が最低7以上(単位が分かりません)必要と言われていましたが、検査の結果は5弱。
毎日大量の水を飲んで安静にしていたけど、羊水は逆に減ってしまい、38週目で帝王切開となりました。
※この時に羊水が増えていても、逆子が直らなければこの翌週に帝王切開となると言われていました。

帝王切開に。。
9:00、C-section前に特別なシャワージェルで腹部を洗うように言われ、シャワーを浴びる。
11:00、飲食できないので脱水症状にならないようIV(点滴)開始。
11:15、採血。
15:00、手術1時間前になり、手術・術後、そして術後の赤ちゃんのケアなどについて詳しく説明を受ける。手術のために下腹部の毛を剃る必要があるかの確認も(笑)
16:00、看護婦さんと一緒に歩いて手術室へ。
手術、がんばってきます!
ちなみに、これ↑後ろから見たらお尻丸見えなんです(笑)移動の時はブランケットを腰に巻いてもらいました。

ライトがまぶしい手術室へ到着。いざ手術台に上がると、どんどん緊張してくる(´Д`)ドキドキ
サクサクと手術の準備は進んでいき、麻酔薬のSpinal(脊髄麻酔)を脊髄に注入。麻酔科のドクターが、お腹に針か何かを刺して薬の効きを確認。痛みを感じると伝えると、麻酔薬を腹部の方にも効くように手術台ごと逆さまに…私下半身丸見えなんですけどー(・_・;)
手術が始まり、「いつメスが入るんだろう…」とずっとドキドキしていたら、「もうすぐ赤ちゃん取り出しますよー」とドクター。早っっ!!あっという間に娘が誕生しました(笑)
最初は泣き声が聞こえずちょっと心配しましたが、生まれたてでこれだけ泣けるのか?!と言うほどものすごい声量で泣き叫ぶ娘!!
看護婦さんが娘をブランケットで包んでくれ、すぐに私の胸の上に乗せてくれました。
感動の瞬間!!・・・のはずが、麻酔薬が胸の方にも上がってきていたのか気分が悪くて上手く息もできず、隣にいた夫に娘をパス(汗)
17:00、Recovery roomという部屋に移動。
2時間ほどかけて娘の簡単なチェックアップや予防接種、初めての授乳、私の術後の様子見などをしました。
ちっちゃーい!!
20:00、病室の看護婦さんが夜勤の方に交代するのをしばらく待って、病室へ移動。
やっと長い1日が終わるー!と思ったら、長い夜の始まりとなったのでした・・・
1時間毎の娘の血圧・体温チェック、3時間毎に私の血圧・体温や術後の経過チェック、授乳があって、そして緊張からか気持ちが高ぶっていて、この日の夜はほとんど眠ることができませんでした。

と、こんな感じで私の出産体験は終わったのです。
自然分娩ではなかったので、陣痛も経験せず、その点ではかなり楽をさせてもらったと思います。自然分娩を乗り切ったお母さんたち、本当にすごいと思います。そして、それを経験できなかったのは少し残念な気持ちもします。
でも、帝王切開は術後が大変なんですね(涙)
麻酔のおかげでしばらく足を動かせない(トイレに行けないので、膀胱にカテーテルを入れます)、1人でトイレに行くことも起き上がることもできない…
くしゃみしたり、笑うと傷口が開きそう…
しんどかったですが、この寝顔を見ると疲れや痛みも吹っ飛びました。
癒やしの寝顔♡
そして、ギャンギャン泣かれてまた疲れが戻ってくるんですけどね(笑)


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

この記事に含まれるタグ : マタニティ 出産 帝王切開 子育て 

FC2スレッドテーマ : 国際結婚 (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/blog-entry-153.html

2014/02/19 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
CATEGORY... この記事を含む前後の記事

Comment


こんにちは、カプリです。
久しぶりに覗いてみたら、出産記録が記されていましたー。改めておめでとうございます!そろそろ1ヵ月半経ちますが、少し落ち着いてきましたか?段々勝手がわかってきて、少しずつですが楽になってきたのでは・・?と思いますが、どうでしょう。。

出産の事を読んで自分の出産の事を思い出しました。私は自然分娩(epidural有ですが)だったので、陣痛を経験しましたが、あれはあれであり得ませんよ~(笑) でもいまだに自分でもよくやったなと思うのが、36週の時アメリカに来たんです(゜゜)~。ひえ~。

ベイビーとってもかわゆし♡どちらに似ているのかな?
小さな赤ちゃんを見ると陣痛やら出産後の痛みやら一番大変な最初の3ヵ月も忘れて、また欲しくなりますねぇ。

また時々覗きにきますね!少し成長したベビちゃんの写真まってまーす。

- |  2014/02/24 (Mon) No.221


カプリさま
相変わらずお返事が遅く、申しわけありません。
ありがとうございます(^^)とっても濃い1ヶ月半が経ち、おっしゃる通りにだいぶ色々と勝手が分かるようになってきました。最初の1~2週間と比べたら、断然に楽になってきました!

また出産する機会があれば自然分娩でと思っていますが、陣痛は大変ですよね…。病院のエレベーターで「ゔゔゔーー」と唸る妊婦さんが辛そうで、色々と思いを巡らせてしまいました。
36週?!日本に帰るのではなく、異国のアメリカに渡られたとは…カプリさんすごいですね!!空の上で産まれてしまわなくてよかったですね(笑)

娘は今のところ私と夫がよく混ざっていて、どちらにも似ているようです(笑)
目の色は、今のところ夫に似て灰色がかった緑色で、友人に目をつぶってるとアジア人、開けると外国人なんて言われました。これからどうなるのか楽しみです。
カプリさんのところにも、コウノトリが来たりして・・・♡

できるだけ早く更新できるよう、がんばります!

OREO |  2014/03/02 (Sun) No.222


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- |  2014/11/04 (Tue) No.239


Re: はじめまして

Yさま
コメントありがとうございます。(非公開だったので、お名前伏せておきます)
そして、お返事が遅くなってしまって本当に本当にごめんなさい!!
自分のパソコンが壊れ、ブログチェックをすっかり怠っていました。
お子さま、さぞかわいいだろうなー!もうお話できますもんね。意思疎通ができる楽しみ、私も少しずつ実感しています。
Yさまも、同じ経験をされたんですね!しかも、その場ですぐに帝王切開になってしまったなんて!!衝撃的すぎます。でも、高い滞在費を取られて病室から出られず、赤ちゃん大丈夫かな?と不安になるよりは、元気なベビーにすぐに対面できたのはよかったのかもしれません。私も手術などしたことがなくて、とても怖くて途中で意識が朦朧としました(汗)本当に、今になればいい思い出です。

娘は、おかげさまで今日で10ヶ月になりました。今は歯が生えては泣き、離乳食がたりなくては大泣きし(食いしんぼうで)、騒々しい毎日です。帝王切開の痛みはすっかり良いですが、ぐーっとストレッチをしたりするとまだ痛みます、、特に内側の傷が。毎日とっても寒いですね。わが家では風邪が大流行しています。Yさまも、ご家族みなさも、暖かくして、風邪などひきませんように!!

OREO |  2014/11/14 (Fri) No.240

コメントを投稿する 記事: 【妊娠後期 38週目】帝王切開で出産

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。