OREO in Seattle 国際結婚、アメリカのシアトルでの子育てや愛犬(ビションフリーゼ)との生活、フィアンセ(K-1)ビザ・グリーンカードについて、のんびりとお届けしています。 

この記事に含まれるタグ :
マタニティ    

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【妊娠初期 6週目】保険が・・・ない!

   ↑  2014/03/21 (Fri)  カテゴリー: 妊娠-初期
※過去に遡って書いているマタニティ編の記事は、後で記事の日付を当時の日付に直して順番を入れ替える予定です。

検査薬で妊娠していると分かったものの、保険がないという窮地に陥った私…
(当時はオバマケア(医療保険制度改革)が導入される前で健康保険への加入も義務付けられていなかった。)
医療費の高いアメリカ…。
妊娠の検診費用や出産費用を保険なしで全額自己負担でまかなうとなると、すごい出費になります。
色々と調べていくと、「超音波検診で一回何万円もする」、「保険なしの出産費用は約$15,000~20,000が相場」、なんていうのを見て頭がクラクラ…(費用について記事の後半で少し触れています。)

すぐに次の仕事を見つようと思っていたし、ヒメ(夫)の会社の保険は配偶者の分月$350(デンタルなしだと$ 300)プラス、と聞いて入るのをためらっていました。
 ※後できちんと確認してもらったら、私の分$350プラスではなくて、夫も含めて2人で月$350だとか…。
おいおい、そういうことはちゃんと最初にクリアーにしておいてくれよーヽ(`Д´)ノ!と思いながら、夫婦の平和のためにグッと怒りの言葉を飲み込みました。


ということで、
健康保険について、当時調べたことやウェブサイトなどをご紹介しようと思ったのですが…
記事を温め過ぎて、書いて放置している間にオバマケアが導入され、アメリカの健康保険制度が大きく変わっていました…(;´∀`)
書きかけた記事を編集しつつ、私はアメリカの保険制度について詳しくもないのに、オバマケアにも触れて…と色々書いているうちに頭の中がごっちゃごちゃになってしまいました(ーー;)
なので、今回の記事は私の備忘録程度、他ウェブサイトのご紹介ばかりになってしまいました。あまり大したこと書けなくてごめんなさい。
情報が古い、あるいは足りないところもあるかと思います。今はこうだよ!とか、気付いた点やアドバイスなどがあれば、教えていただけると嬉しいです!

まず、アメリカを騒がせたオバマケアって何だろう?と調べて、分かりやすかったウェブサイトをご紹介します。ちなみに、今月3月31日でマーケットプレイスの申請受付が終了するようです。
・jassi(日米ソーシャルサービス):医療保険制度改革「オバマケア」
・ハフィントンポスト:「オバマケア」ってそもそも何? 今さら聞けないアメリカの医療保険制度改革14のQ&A (日本語)
・Jungle City:医療保険制度改革について(オバマケア)(日本語)
・HealthCare.govの"Enroll in health coverage now"のページ(英語)
 (このページからマーケットプレイスの申請や、Medicare申請の基準を満たしているかを確認できるみたいです。)

国民皆保険を目指しているオバマケアが施行された今、健康保険がない!という方がどれだけいるのかは分かりませんが…
(自分、あるいは配偶者の)会社の保険以外の保険に入るとすると、大学を通して入る保険、Medicare(主に高齢の方や障害のある方向け)やMedicaid(主に低所得者の方向け)などの公的な保険、自分で探した民間の保険会社の保険、マーケットプレイスを通した民間の保険、などの選択肢があると思います。
ただ、妊娠してから加入できる保険は少ない、または保険料が高くなることもあるそうなので、注意が必要です。

上のMedicaidですが、審査条件が複雑なようで実際に申請してみないと通るかどうか分からないとか…
Medicaidについてのトップページ(英語)
ワシントン州にお住まいの方は、下記のParentHelp123というウェブサイトで条件の詳細の確認やオンラインでの申請ができるようです。
ParentHelp123の"Benefit Finder"のページ(英語)
ParentHelp123の"Health Insurance for your pregnancy"のページ(英語)

また、ワシントン州を中心とした情報が多いですが、下記のウェブページにアメリカでの妊娠、出産について詳しく書かれています。
・シアトルでの妊娠出産ガイド その1 「妊娠出産と健康保険について」(日本語)
・シアトルでの妊娠出産ガイド その2 「妊娠・出産にかかる費用」(日本語)
私が実際に支払った医療費についても、また別の記事で書こうと思っています。
まだ請求書がガンガン来続けている(アメリカの医療費は基本的に後払いです)ので、もうちょっとしたら、まとめてみます。

さて、保険について色々と調べた結果・・・
結局、ヒメの会社の保険に入れることが分かりました。ハハハ
よかったよかった!と思っていたら、
ヒメの会社の保険は契約のサイクル(?)が7月に始まるため、7月以降にならないと保険が使えない、しかも保険会社を切り替えるため担当者が大混乱中で情報が錯綜(汗)
早く病院に行きたいのに…
さらに、サイクルの始まる7月以降になると保険に加入できないなんて言われ…(この時6月!)。
妊娠発覚が7月より前だったからいいけど、もし8月とかだったら1年近く保険加入待ちになってたってことか!!…そんなん本当にあり(ーー;)?
ということで、子作りは妊娠・出産もカバーされる保険にちゃんと入ってからすることをおすすめします(笑)


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

この記事に含まれるタグ : マタニティ  

FC2スレッドテーマ : 国際結婚 (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/blog-entry-149.html

2014/03/21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
CATEGORY... この記事を含む前後の記事

Comment

コメントを投稿する 記事: 【妊娠初期 6週目】保険が・・・ない!

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。