OREO in Seattle 国際結婚、アメリカのシアトルでの子育てや愛犬(ビションフリーゼ)との生活、フィアンセ(K-1)ビザ・グリーンカードについて、のんびりとお届けしています。 

このページの記事目次 ( ← 2014年03月 → )

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【妊娠初期 5週目】これって、妊娠?

   ↑  2014/03/20 (Thu)  カテゴリー: 妊娠-初期
※過去に遡って書いているマタニティ編の記事は、後で記事の日付を当時の日付に直して順番を入れ替える予定です。

アメリカで産むことを決めたわけですが、初めての妊娠・出産。
うれしいけれど、分からないことだらけで不安がいっぱい。
私と同じようにこれからアメリカで出産される方の参考に少しでもなればと思い、かかった医療費や検診のことなど、自分の備忘録もかねてブログに残しておこうと思います!

今回は妊娠の兆候についてです。
5月末あたりから、なんだか胃の調子が悪いなぁ…飲み過ぎかな?なんて思っていました(笑)
6月初旬になり、お友達とのご飯や家族の誕生日祝いなどなど、予定が盛りだくさん。
お友達とのご飯では、お友達夫婦とダウンタウンにあるJaponessaという(お寿司や和食にラテンのテイストを取り入れた)お店に行きました。
Happy Hourだしロールのお寿司とかいっぱい食べるぞー!と思っていたのですが…
ロールのお寿司を食べると胃がムカムカ、楽しみにしていたかま焼きを食べると魚臭くて気持ち悪い…
でも、前日お酒を抜いていたからか、ビールだけは快調に胃の中へ(笑)
そして、帰宅後に急激に気分が悪くなり(たぶんビールのせいw)、撃沈しました。
その次の日は、ヒメ(夫)のお母さんとお姉ちゃんの誕生日祝いパーティーで、義両親の家へ。
朝から気持ち悪い…頭も痛い…まるでワインを何本も空けた次の日の二日酔いのよう。
前日はビール2~3杯くらいしか飲んでいないのに、二日酔い?二日酔いなら迎え酒だ!と、ビールを飲み始めたものの(笑)、突然の吐き気でダウン。

この頃から、食べ物の匂いを嗅ぐだけで胃がムカムカして嘔吐したり、テレビの食べ物のCM(特にBBQソース系とかこってり系)を見るだけで気分が悪くなることも。
体がだるくてだるくて、昼過ぎまで死んだように二度寝…
寝ても寝ても(12時間以上!)目を開けていられないくらい眠いし、体の疲れが取れなくて食欲もない。
体調絶不調の日々が1週間くらい続いて、これは何かの病気かな?なんてちょっと心配になってきた頃、
ヒメが

ヒメ「それって・・・・・・妊娠じゃない?」
私 「え~!まさかー!
   ・・・え!!そうかもΣ(゚Д゚)!」

そういえば、最近胸が張ってきて痛いし、生理の予定日を過ぎても(過ぎていることに気付いてませんでしたけど)全然来る気配もない。
夫に言われるまで気づかない私って(=_=;)

ということで、早速(ヒメを薬局まで走らせ)妊娠検査薬を購入。
検査薬って、色々な種類があって、値段もピンきりなんですね。
私の買った検査薬は生理予定日の4日前から(この前6日前なんてのをテレビのCMで見ました)使えるというもので、2つ入りで$8くらいだったかな?
結果は、陽性でした。

検査薬で妊娠が分かり、病院に行ってきちんと検査しなくちゃ!
どこの病院にしよう…
妊娠したら、まず何しなきゃいけないんだろう?
食べちゃいけない、飲んじゃいけないものは何だろう?
と、ちょっとパニクる私。
そして、病院探しを始めたのですが…
保険が…ない…
転職活動中の当時の私は、健康保険に加入していなかったのです(オバマケアが施工される前でした)。
ということで、私の保険探しの旅が始まったのでした・・・

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : マタニティ 

FC2スレッドテーマ : 国際結婚 (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/blog-entry-124.html

2014/03/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【妊娠初期 6週目】保険が・・・ない!

   ↑  2014/03/21 (Fri)  カテゴリー: 妊娠-初期
※過去に遡って書いているマタニティ編の記事は、後で記事の日付を当時の日付に直して順番を入れ替える予定です。

検査薬で妊娠していると分かったものの、保険がないという窮地に陥った私…
(当時はオバマケア(医療保険制度改革)が導入される前で健康保険への加入も義務付けられていなかった。)
医療費の高いアメリカ…。
妊娠の検診費用や出産費用を保険なしで全額自己負担でまかなうとなると、すごい出費になります。
色々と調べていくと、「超音波検診で一回何万円もする」、「保険なしの出産費用は約$15,000~20,000が相場」、なんていうのを見て頭がクラクラ…(費用について記事の後半で少し触れています。)

すぐに次の仕事を見つようと思っていたし、ヒメ(夫)の会社の保険は配偶者の分月$350(デンタルなしだと$ 300)プラス、と聞いて入るのをためらっていました。
 ※後できちんと確認してもらったら、私の分$350プラスではなくて、夫も含めて2人で月$350だとか…。
おいおい、そういうことはちゃんと最初にクリアーにしておいてくれよーヽ(`Д´)ノ!と思いながら、夫婦の平和のためにグッと怒りの言葉を飲み込みました。


ということで、
健康保険について、当時調べたことやウェブサイトなどをご紹介しようと思ったのですが…
記事を温め過ぎて、書いて放置している間にオバマケアが導入され、アメリカの健康保険制度が大きく変わっていました…(;´∀`)
書きかけた記事を編集しつつ、私はアメリカの保険制度について詳しくもないのに、オバマケアにも触れて…と色々書いているうちに頭の中がごっちゃごちゃになってしまいました(ーー;)
なので、今回の記事は私の備忘録程度、他ウェブサイトのご紹介ばかりになってしまいました。あまり大したこと書けなくてごめんなさい。
情報が古い、あるいは足りないところもあるかと思います。今はこうだよ!とか、気付いた点やアドバイスなどがあれば、教えていただけると嬉しいです!

まず、アメリカを騒がせたオバマケアって何だろう?と調べて、分かりやすかったウェブサイトをご紹介します。ちなみに、今月3月31日でマーケットプレイスの申請受付が終了するようです。
・jassi(日米ソーシャルサービス):医療保険制度改革「オバマケア」
・ハフィントンポスト:「オバマケア」ってそもそも何? 今さら聞けないアメリカの医療保険制度改革14のQ&A (日本語)
・Jungle City:医療保険制度改革について(オバマケア)(日本語)
・HealthCare.govの"Enroll in health coverage now"のページ(英語)
 (このページからマーケットプレイスの申請や、Medicare申請の基準を満たしているかを確認できるみたいです。)

国民皆保険を目指しているオバマケアが施行された今、健康保険がない!という方がどれだけいるのかは分かりませんが…
(自分、あるいは配偶者の)会社の保険以外の保険に入るとすると、大学を通して入る保険、Medicare(主に高齢の方や障害のある方向け)やMedicaid(主に低所得者の方向け)などの公的な保険、自分で探した民間の保険会社の保険、マーケットプレイスを通した民間の保険、などの選択肢があると思います。
ただ、妊娠してから加入できる保険は少ない、または保険料が高くなることもあるそうなので、注意が必要です。

上のMedicaidですが、審査条件が複雑なようで実際に申請してみないと通るかどうか分からないとか…
Medicaidについてのトップページ(英語)
ワシントン州にお住まいの方は、下記のParentHelp123というウェブサイトで条件の詳細の確認やオンラインでの申請ができるようです。
ParentHelp123の"Benefit Finder"のページ(英語)
ParentHelp123の"Health Insurance for your pregnancy"のページ(英語)

また、ワシントン州を中心とした情報が多いですが、下記のウェブページにアメリカでの妊娠、出産について詳しく書かれています。
・シアトルでの妊娠出産ガイド その1 「妊娠出産と健康保険について」(日本語)
・シアトルでの妊娠出産ガイド その2 「妊娠・出産にかかる費用」(日本語)
私が実際に支払った医療費についても、また別の記事で書こうと思っています。
まだ請求書がガンガン来続けている(アメリカの医療費は基本的に後払いです)ので、もうちょっとしたら、まとめてみます。

さて、保険について色々と調べた結果・・・
結局、ヒメの会社の保険に入れることが分かりました。ハハハ
よかったよかった!と思っていたら、
ヒメの会社の保険は契約のサイクル(?)が7月に始まるため、7月以降にならないと保険が使えない、しかも保険会社を切り替えるため担当者が大混乱中で情報が錯綜(汗)
早く病院に行きたいのに…
さらに、サイクルの始まる7月以降になると保険に加入できないなんて言われ…(この時6月!)。
妊娠発覚が7月より前だったからいいけど、もし8月とかだったら1年近く保険加入待ちになってたってことか!!…そんなん本当にあり(ーー;)?
ということで、子作りは妊娠・出産もカバーされる保険にちゃんと入ってからすることをおすすめします(笑)


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

この記事に含まれるタグ : マタニティ  

FC2スレッドテーマ : 国際結婚 (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/blog-entry-149.html

2014/03/21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【妊娠初期 8週目】病院とドクター選び

   ↑  2014/03/25 (Tue)  カテゴリー: 妊娠-初期
※過去に遡って書いているマタニティ編の記事は、後で記事の日付を当時の日付に直して順番を入れ替える予定です。

保険の問題が一段落して、次は病院&ドクター探しです。
設備の整った病院で産みたい、有名な先生に診てもらいたい、日本語の分かる先生だと安心だな、自宅で産みたい!などなど、こだわるポイントは人それぞれだと思います。
でも、やっぱり大事なのは、自分の保険(とプラン)が使えるかです。日本みたいにどこの病院に行っても保険証を出せばOKとはいかないのがアメリカ。病院、クリニックによって使える保険が違います。また、検査も自分の保険がちゃんとカバーする種類の検査なのか確認する必要もあったりして、本当にややこしいし面倒!!

さて、病院、ドクター探しですが、
アメリカですでにかかりつけのお医者さん(プライマリケア医)がいる場合は、新たに産婦人科医(英語だとOB/GYN;obstetrician/gynecologist)や助産師さん(Midwife)を探さなくても、プライマリケア医(PCP:Primary Care Provider)に診てもらうこともできるそうですね。
私の場合はPCPもいないので、まず保険会社のウェブサイトから産婦人科医を探しました。そして、ウェブページにあったドクターの情報(どの保険プランを受け付けているか、何年の経験があるのか、どこの大学に行ったのか、研修はどこでしたのか、性別、年齢など)を見比べ、決めました。この先生で、この病院だったらいいかな、とどちらも同時に決まった感じです。病院を先に選んでいる場合は、病院のウェブサイトからドクターを探すこともできます。

ちなみに、出産をする病院は選んだドクターの提携(?)しているSwedishという病院になりました。ここに決めたのは、まずは家に近い(産気づいたら病院が近いのはいいですよね)、大きな病院で設備が整っている、出産準備についてなど様々なクラスが受けられる、ヒメ(夫)のお母さんがヒメとヒメ姉を出産していた、からです。
ほとんど病院の比較はしなかったので他の病院との違いは分かりませんが、下記にシアトル近郊の病院について、また日本語で診察を受けるのに役立ちそうなウェブサイトをまとめておきます。病院によっては(Swedishもかな?)通訳の方を手配することもできるようです。

・Jungle City:出産場所(日本語)
・YOUMAGA:日本語OKのお医者さん(日本語)
 (↑情報古くないといいんだけど…)
・Nadeshiko Doula Service:産前・産後に役立つ情報(日本語)

病院とドクターが決まったので、アポイントを取るために選んだドクターKの所属する産婦人科クリニック(産むのは病院ですが、通うのはクリニックでした)へ電話。電話で最終月経がいつだったか、保険会社も聞かれたんだったかな?などを聞かれ、日程を確認し、アポ取りはさくっと完了。
アメリカでは姙娠していても8週目以降でないと診てくれないところが多いなんて聞きます。義母の友達は8週目より前に診てもらおうとしたら、しばらく待たされたと言っていました。でも、お友達はまだ6週目くらいで診てもらえてたので、病院やクリニックによるのかな?
まぁどっちにしろ、私は保険がなくて8週目より前に病院に行けなかったんですけどね…( ´_ゝ`)

最後に、8週目の体調について少し。
頭痛はするわ、6月頭から始まった胃のムカムカはどんどん悪化するわで、体調最悪の日々が続きました。気持ちが悪くて、とても食べ物を受け付けない。今までモリモリ食べていた玉ねぎやにんにく、セロリ、香草系などは匂いをかぐだけで吐き気が…。とても料理なんてできない状態。
そんななか食べられたものは、バナナとシリアル、そしてなぜかポテトチップスとかフライドポテト、チキンナゲットみたいなジャンクフードでした。バナナは食べ過ぎてすぐに飽きてしまい、りんご、オレンジ、マンゴーなどフルーツと、水が主食の毎日(さすがに毎日ジャンクフードは食べられないですからね)。
食欲がなさすぎて1日の食事が小皿1皿みたいな日々が続き、ちゃんと栄養を取らなきゃ!、とPrenatal Vitamins(妊婦用のビタミンサプリメント)と一緒付いてきたDHAのサプリメントを飲み始めました。すると、さらに吐き気が悪化…。フィッシュオイルのせいかな?と思い、DHAのサプリメントを飲むのを止めてみたら、少し気分が楽になりました。
ちょっときたない話ですが、この頃他に悩んでいたのがゲップ。ゲップが全然出なくて、気分が悪くなって吐いてしまうこともありました。ゲップ対策に炭酸水を飲み始めたら、これが結構効果ありでした。
この頃、はっと気付いたら、以前悩んでいた夜中に寝られなくなる位かゆかった蕁麻疹が出なくなっていました。姙娠したおかげかな?それとも、ストレス溜まりまくりだった仕事を辞めたからかな?

次回のマタニティ編の記事は、初診察についてです!


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

この記事に含まれるタグ : マタニティ 

FC2スレッドテーマ : 国際結婚 (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/blog-entry-155.html

2014/03/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【妊娠初期 10週目】クリニックでの初診

   ↑  2014/03/31 (Mon)  カテゴリー: 妊娠-初期
※過去に遡って書いているマタニティ編の記事は、後で記事の日付を当時の日付に直して順番を入れ替える予定です。

やっとのことで、初診日です!
病院はSwedishに決まり、選んだドクターKのいるクリニックへ。初回だし、私も英語に不安があるので、ヒメ(夫)にも一緒に来てもらいました。アメリカの出産や育児は、夫婦2人でするもの!という感じで、ヒメも当然のように休みを取って着いてきてくれました。
待合室は、お腹の大きい人も、小さい人も、夫婦で来ている人がほとんどでした。
あれやこれやと書類の記入を済ませ、診察前に尿検査。
トイレに検査キットがあるからと言われてトイレに行ったものの、どうしたらいいの?とハテナがいっぱい。立ちすくんでしまった(笑)
壁に手順が書かれていました。カップに自分とドクターの名前を書いて、ワイプでよくキレイにして、中間の尿を取って、壁の小窓?に入れる…ふむふむ
この日はまだドクターの診察ではなく、何とかっていう別の専門の方?ナース?(何だったかなぁ)が担当してくれました。診察室に入り、まず服と靴もそのままで体重と血圧測定。そして、渡されたガウンに着替えて、胸と膣内の触診、Pap smear(子宮頸がん検査)も受けました。
初めてのUltrasound(ウルトラサウンド;エコー検査)は、クリニックの診察室で。お腹にジェルを塗るタイプではなく、経膣プローブという細長い棒のような超音波発信装置にジェルとゴムのカバーをつけて、膣内から胎児を確認するタイプでした。
ちなみに、これ↓が初めてのウルトラサウンドの画像です。
体長3.5cm弱。こんなに小さいのに、手足もあって、心臓も動いていて、人体の神秘に感動。

お義母さんから写真プリーーーズ!!というテキスト(携帯メール)が来て、写真を送ったら、お義母さん泣いてしまいました。
(この時はお義母さんたら、おおげさだなぁ~なんて思っていたけど、娘が生まれてからこの写真を見たら…
こんなにちっちゃかったのに、がんばって大きくなって出てきたんだよなぁ、と思ってうるっと来てしまいました。)

担当してくれた先生(?)から、姙娠について色々と説明を受け、病院のパンフレットや決まった週数までに提出する書類、姙娠中は控えた方がいい食べ物のリスト(改めて別の記事で書こうと思っています)など一式をもらいました。
そして、Down's Syndrome(ダウン症候群)とTrisomy 18(18トリソミー症候群)の検査を受けたい場合は、11週目(もらった書類には10週半とあるけど)~13週目(書類には13週半)までに受けるように、そして検査が保険でカバーされるか保険会社に確認するように説明を受けました。検査によっては保険でカバーされないものもあるようで(もちろん保険にもよると思いますが)、オプションで受けた方がいいというような検査はカバーされないこともあるようです。(どの検査をいつまでに受けたらいいのかも別の記事に書けたらと思っています。)
次回以降の診察のアポを取って無事に初診も終わり、次は同じ建物内にあるラボに移動して血液採取。5~6本も採られて、ちょっとクラクラしちゃいました。

ちなみに、クリニックはSeattle OB/GYN Groupという所になりました。
出産する場所であるSwedishの目の前だし、血液採取してくれるラボは同じビル、ウルトラサウンドを受けるにもすぐ近くのビル(初回以降はウルトラサウンド専門の場所へ行きます)で、色々と同じエリアで済ませられたので便利でした。
さて、診察費用ですが、初回に色々説明されるのかと思ったら、金額についてきちんと説明されたのは予定日が近くなってきてからでした。もちろん、聞いたら詳しく説明してくれたんだと思うんですが。
金額は変更されることもあるかと思いますが、私がもらった金額表では下記のようになっていました。

・Global Billing/Fee(妊娠出産管理費用)
 ※初診、妊婦検診、出産、産後検診がパッケージになったものです。
 -自然分娩:$3300
 -帝王切開:$3665

・Global Billing/Feeでない場合
 出産費用
 -自然分娩(産後のケアを含む):$1955
 -帝王切開(産後のケアを含む):$2365

 出産前のケア(以下、英語でごめんなさい)
 -7 or more visits package: $1530 (single fee)
 -4-6 visits package: $900 (single fee)
 -Up to 3visits: $180 each visit
 -New Patient Only:Initial Evaluation: $280

 -Ultrasound: $195 each
 -Non Stress Testing (fetal monitoring): $95 each


そうそう、クリニックで検査が保険でカバーされるか確認するように言われたので、保険会社に電話をしてみました。
すると・・・
私の情報はデータとしてあるのに、アカウントがアクティベイトされていないという事態が発覚!
そのおかげで、保険適用前のえらい高い請求書が来ました(-_-;)
もう本当にみんないい加減なんだから!!
保険をきちんとアクティベイトしてもらい、検査も保険でカバーされることを確認できたのでした。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

この記事に含まれるタグ : マタニティ ウルトラサウンド(エコー検査) 

FC2スレッドテーマ : 国際結婚 (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/blog-entry-157.html

2014/03/31 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。