OREO in Seattle 国際結婚、アメリカのシアトルでの子育てや愛犬(ビションフリーゼ)との生活、フィアンセ(K-1)ビザ・グリーンカードについて、のんびりとお届けしています。 

このページの記事目次 ( ← 2014年02月 → )

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【GC条件削除】バイオメトリクス終了!

   ↑  2014/02/10 (Mon)  カテゴリー: 永住権(グリーンカード)
皆さま、お久しぶりですm(_ _)m

改めてきちんと記事にしようと思っていますが…
1月14日、帝王切開になってしまいましたが、女の子を無事に産むことができました!
もう少しで産後1ヶ月経ちますが、毎日なかなか自分の時間が取れず、夜泣きがすごくて睡眠もままならず、更新が大変滞っております(涙)


今回は、永住権(グリーンカード)の条件削除のバイオメトリクスについてのご報告です。

今回のバイオメトリクスは、出産予定日などとの兼ね合いもあってリスケジュールをお願いしました。
リスケジュールを依頼する時は、届いたASC Appointment Noticeのリスケジュール依頼のチェックボックスにチェックをして(自分用にコピーを取っておいて)、レターに記載された住所へとI-751を提出したService Centerにレターのコピーを郵送します。

簡単ですが、参考までに、これまでの条件削除に関するタイムラインです。

2013年12月28日:永住権条件削除の申請書類(I-751)提出
2014年1月6日 :I-751 Receipt Noticeが郵便で届く
 ※$590の申請料受領と、1年間のGC延長のお知らせ
2014年1月9日 :ASC Appointment Noticeが郵便で届く
 ※Biometricsのお知らせ(1月24日@USCIS Seattle)
2014年1月16日 :Biometrics日程リスケジュールのリクエストを送付
 (18日:コピーをCA Service Centerにも送付)
2014年1月28日:リスケジュールしてもらったASC Appointment Noticeが郵便で届く
 ※Biometricsのお知らせ(2月6日@USCIS Seattle)
2014年2月6日 :バイオメトリクス終了

これ以降のタイムラインは、こちらの記事へ。

リスケジュール後のASC Appointment Noticeが届く前に、本来のバイオメトリクスの日になってしまいました。USCISから何の連絡も来ていなかったし、My Case Statusも更新されなかったので少しドキドキしてしまいましたが、無事に日程調整後のNoticeが届きました(*´∀`*)ほっ

2月6日のバイオメトリクスは朝10時のアポイントメント。
今回は、娘がまだ小さすぎて連れて行きたくなかったので、夫にドロップしてもらい、夫はまた家に帰り娘の面倒を見ていてもらいました。駐車する場合は、パーキングは現金のみ($7)なので気をつけてくださいね。
少し早めにと思って9時半過ぎに到着し、セキュリティを通って受付へ。
受付の前にはInterviewの列と、Biometricsの列(一番左には誰も並んでいない別の列があったんですが、何だったか忘れてしまいました)があり、Biometricsの列へ。
並んでいる人は少なかったですが、なかなか列が進まない…全然進まない…並んでる人みんながキョロキョロし始め、受付に少しでも動きがあるとどちらの列の人も我先に受付へ向かおうとする…
受付の係員の人が「いやー今日はコンピューターがちょっと不安定なんです。皆さんのアポイントの時間には間に合うようにしますので、もう少し待っててくださいねー!」と大声でアナウンス。
10分ほど待ったところで、もう1つ窓口が開き、受付を済ませて別室のバイオメトリクスの窓口へ移動。

バイオメトリクスのプロセスは全て、以前(フィアンセビザ→GC取得)の時と同じでした。
詳しいプロセスについては、こちらの記事を参考にされてください。
窓口で基本情報を記入した用紙とグリーンカードを提出し、そのまま指紋採取などをする別室へ移動。
時間より少し前に到着したからか、バイオメトリクス待ちの人はほとんどいませんでした。私の前にすごい急いでいる女性がいたんですが、鼻のピアスがなかなか取れずに苦戦していたので、私が先に別室へ通されてしまいました(;´∀`)お気の毒に…
別室へ入ると、椅子に座るまもなく、私の番号が呼ばれ、指紋採取、写真撮影。
アンケート用紙を出して帰ってねと言われ、ものの5分で終了。
10時前に全て終わってしまいました。
こんなことなら、夫を家に帰さずに待っててもらえばよかった(T_T)

夫を待つこと30分…夫待ちが今回で一番長い待ち時間となりました(笑)
でも、そのおかげで、少し時間差でインタビューに来ていたお友達にも会えました♪
この日のインタビューはかなり予定より遅れていたみたいですが…

更新されたグリーンカードが届いたら、また追記でタイムラインの更新をしようと思います。今のところ、まだMy Case Status上では何も変化はありません。
たぶん問題なく更新されるとは思いますが、早くペーパーワークとおさらばしたいです!!


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : グリーンカード 条件削除 バイオメトリクス 

FC2スレッドテーマ : 国際結婚 (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/blog-entry-154.html

2014/02/10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【妊娠後期 38週目】帝王切開で出産

   ↑  2014/02/19 (Wed)  カテゴリー: 妊娠-後期
※マタニティ編の記事は、後で記事の日付を当時の日付に直して順番を入れ替える予定です。

先月、帝王切開(Caesarean section;C-section)で無事に女の子を出産しました!!
生まれたてほやほやです!
体重は、約6lb(約2.7kg)でした。8lb(約3.6kg)超えがざらのアメリカでは比較的小さい方。義理の姉なんて10lb(約4.5kg)だったとか…そんなビッグベイビー産むのがこわいです(´゚д゚`)

出産は、麻酔を使わずに自然分娩!陣痛乗り切るぞー!と決意し、義理の姉が勧めてくれたNatural Birthについての本も一生懸命読んでいました。(さぼってて予定日までに全部読み切れなかったけど…)
ところが、まず赤ちゃんが逆子ということが分かり、Version(外回転術)でドクターにお腹の外から逆子を直してもらおうと病院に行ったら…羊水が少な過ぎて断念。
さらに、羊水の量が少なくて心配だから、とそのまま入院になってしまいました。
(Versionについてはまた別に記事を書きます!)
「再度Ultrasound(エコー検査)をして羊水が増えれば退院、増えなければ即日帝王切開です。」
とドクターに言われてしまい、動揺してちょっとウルウル…
3日後のエコー検査で羊水は微増したものの、Versionはもとより、まだ安心できる数値ではないということで入院期間が延長されてしまいました。

再々度のエコー検査の日。
6:30、看護婦さんが来て、「帝王切開になったら手術の8時間前から飲食禁止なので、念のため今のうちに食べたいもの食べておいてね!」と言われ、朝食を食べる。
8:00、Ultrasoundの部屋へストレッチャーで移動(入院中はベッドとトイレ以外へ出歩くの禁止)。
退院するためには羊水が最低7以上(単位が分かりません)必要と言われていましたが、検査の結果は5弱。
毎日大量の水を飲んで安静にしていたけど、羊水は逆に減ってしまい、38週目で帝王切開となりました。
※この時に羊水が増えていても、逆子が直らなければこの翌週に帝王切開となると言われていました。

帝王切開に。。
9:00、C-section前に特別なシャワージェルで腹部を洗うように言われ、シャワーを浴びる。
11:00、飲食できないので脱水症状にならないようIV(点滴)開始。
11:15、採血。
15:00、手術1時間前になり、手術・術後、そして術後の赤ちゃんのケアなどについて詳しく説明を受ける。手術のために下腹部の毛を剃る必要があるかの確認も(笑)
16:00、看護婦さんと一緒に歩いて手術室へ。
手術、がんばってきます!
ちなみに、これ↑後ろから見たらお尻丸見えなんです(笑)移動の時はブランケットを腰に巻いてもらいました。

ライトがまぶしい手術室へ到着。いざ手術台に上がると、どんどん緊張してくる(´Д`)ドキドキ
サクサクと手術の準備は進んでいき、麻酔薬のSpinal(脊髄麻酔)を脊髄に注入。麻酔科のドクターが、お腹に針か何かを刺して薬の効きを確認。痛みを感じると伝えると、麻酔薬を腹部の方にも効くように手術台ごと逆さまに…私下半身丸見えなんですけどー(・_・;)
手術が始まり、「いつメスが入るんだろう…」とずっとドキドキしていたら、「もうすぐ赤ちゃん取り出しますよー」とドクター。早っっ!!あっという間に娘が誕生しました(笑)
最初は泣き声が聞こえずちょっと心配しましたが、生まれたてでこれだけ泣けるのか?!と言うほどものすごい声量で泣き叫ぶ娘!!
看護婦さんが娘をブランケットで包んでくれ、すぐに私の胸の上に乗せてくれました。
感動の瞬間!!・・・のはずが、麻酔薬が胸の方にも上がってきていたのか気分が悪くて上手く息もできず、隣にいた夫に娘をパス(汗)
17:00、Recovery roomという部屋に移動。
2時間ほどかけて娘の簡単なチェックアップや予防接種、初めての授乳、私の術後の様子見などをしました。
ちっちゃーい!!
20:00、病室の看護婦さんが夜勤の方に交代するのをしばらく待って、病室へ移動。
やっと長い1日が終わるー!と思ったら、長い夜の始まりとなったのでした・・・
1時間毎の娘の血圧・体温チェック、3時間毎に私の血圧・体温や術後の経過チェック、授乳があって、そして緊張からか気持ちが高ぶっていて、この日の夜はほとんど眠ることができませんでした。

と、こんな感じで私の出産体験は終わったのです。
自然分娩ではなかったので、陣痛も経験せず、その点ではかなり楽をさせてもらったと思います。自然分娩を乗り切ったお母さんたち、本当にすごいと思います。そして、それを経験できなかったのは少し残念な気持ちもします。
でも、帝王切開は術後が大変なんですね(涙)
麻酔のおかげでしばらく足を動かせない(トイレに行けないので、膀胱にカテーテルを入れます)、1人でトイレに行くことも起き上がることもできない…
くしゃみしたり、笑うと傷口が開きそう…
しんどかったですが、この寝顔を見ると疲れや痛みも吹っ飛びました。
癒やしの寝顔♡
そして、ギャンギャン泣かれてまた疲れが戻ってくるんですけどね(笑)


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
1つでもランキングのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!

ありがとうございます☆FC2ブログランキングへありがとうございます☆にほんブログ村へ

この記事に含まれるタグ : マタニティ 出産 帝王切開 子育て 

FC2スレッドテーマ : 国際結婚 (ジャンル : 結婚・家庭生活

(記事編集) http://orierio.blog26.fc2.com/blog-entry-153.html

2014/02/19 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。